初めてスマートフォンを使ったときに、意外と戸惑ってしまうのが、どうやって電話に出たらいいかということ。電話に出るとき、かけるときの基本的な方法から便利な電話帳登録までをご紹介します。

談笑している祖母チヨさんのスマートフォンに着信が。電話の出方に戸惑っていると、突如クイズが始まります。飯田家の父イチローさんからの出題に夫のキヨシさんとともに挑戦しますが.....。

<電話の受け方>

固定電話やケータイとは少し異なるスマートフォンでの電話の受け方を確認しましょう。

  • BASIO3(OS:Android 7.1 Nougat)の例です。機種により一部操作が異なります。
  • スリープ時に応答する際の操作になります。
1
電話がかかってくると画面に表示される電話のマークを、指先で右になぞります。その時、画面から指先を離さずに触れたままにしておくようにしましょう。
2
通話中と表示されたら相手と通話することができます。電話を切るときは赤いボタンをタップ(ポンっと押す)しましょう。

<電話のかけ方>

スマートフォンには固定電話やケータイと違ってダイヤルボタンがありません。
電話をかけるためには電話マークをタップして「電話」アプリを起動させます。

  • BASIO3(OS:Android 7.1 Nougat)の例です。機種により一部操作が異なります。
1
ホーム画面の電話マークをタップ(ポンっと押す)します。
2
ダイヤルの画面では数字ボタンが出てきます。かけたい電話番号を入力し、発信ボタンを押しましょう。
3
「着信履歴」をタップすると、過去に電話をかけてきた人の名前が表示されます(電話帳に登録済の場合)。名前を選んでタップすれば簡単に電話をかけることができます。

プラス1レッスン

電話帳に名前や番号を登録しておけば、電話をかける時も受ける時も、とても便利になります。

  • BASIO3(OS:Android 7.1 Nougat)の例です。機種により一部操作が異なります。
1
電話アプリの中に表示された電話帳ボタンをタップします。
2
メニューボタンの「連絡先を作成」から登録します。
3
名前や電話番号を入力し、保存すれば完了です。